創業文政二年。醸造に約二百年の歴史あり。

はつもみぢ酒蔵

はつもみぢは文政2年が創業年。文政は西暦で表すと1819年、江戸時代の1818年から1830年までの期間。
徳川家斉が将軍の頃でシーボルト事件や、伊能忠敬が中心となり大日本沿海輿地全図を製作したことで有名な時代です。吉田松陰をはじめとする明治維新の重要人物が多く生まれたのもこの文政の時代でした。
酒蔵はもともと文字にて何かを残すという文化がなかったと言われております。そのため当時の資料をいうものはほぼない状態な上、資料として残っていたものも、残念ながら昭和20年の空襲で無くなってしまっています。
この文政の2年目に、はつもみぢの原点である酒造りが始まり以降多くの経験が現在のはつもみぢに受け継がれています。
山口県にある会社としては9番目に古くからある会社です。

詳細を見る

全量純米酒。山口県産米使用。四季醸造。

  • はつもみぢは全量純米酒の酒蔵です。つまりはつもみぢが醸造したお酒は、どの商品も純米酒であるということ。
    好みがありますのでどちらが美味しいということはありませんが、当社は純米酒ならではのおいしさを皆様にお届けしたいと考え、全量を純米酒にしております。

詳細を見る