創業二百年の歴史

創業文政二年。醸造に約二百年の歴史あり。

江戸時代、文政に創業

現存する一番古い外観を表した絵


現存する一番古い外観を表した絵

はつもみぢは文政2年が創業年。文政は西暦で表すと1819年、江戸時代の1818年から1830年までの期間。
徳川家斉が将軍の頃でシーボルト事件や、伊能忠敬が中心となり大日本沿海輿地全図を製作したことで有名な時代です。吉田松陰をはじめとする明治維新の重要人物が多く生まれたのもこの文政の時代でした。
酒蔵はもともと文字にて何かを残すという文化がなかったと言われております。そのため当時の資料をいうものはほぼない状態な上、資料として残っていたものも、残念ながら昭和20年の空襲で無くなってしまっています。
この文政の2年目に、はつもみぢの原点である酒造りが始まり以降多くの経験が現在のはつもみぢに受け継がれています。
山口県にある会社としては9番目に古くからある会社です。

会社としての創立から徳山空襲まで

戦前の酒場の見取り図


戦前の酒場の見取り図

昭和3年に資本金七万円にて株式会社 原田酒場が創立。
当時の酒は樽詰めで販売されることが多く、四升、二升、一升の樽で出荷。
徳利の貸し出しなども行っており、夕方時には燗瓶を下げたまま一合、二合と量り売りを求めてこられるお客さまも続きました。
独自の酒造論を掲げ、当時の商品「初紅葉」は芳醇な口当たり、明朗な酔い心地と称されました。また酒造りだけでなく、豊かな水源確保のための井戸や貯水槽設置などの環境整備も推し進めていました。
酒造界の企業整備が始まり国の方針で多くの酒造家が廃業したり、酒造を続けるためには権利を買い取らねばならなかった時代。その後戦争の局面が押し迫った頃には軍からの伝達で航空燃料のアルコールを砂糖やとうもろこしで製造したこともありました。
そんな中でも地下にあるタンクに原酒を貯蔵し、原酒を守るための防災策を練るなど酒造りに対する情熱を忘れることはありませんでした。

戦争からの再スタート

焼跡に酒蔵再建


焼跡に酒蔵再建

昭和20年、空襲時、酒蔵の延焼を免れることができず建物は焼失してしまいましたが、地下の原酒は守ることが出来ました。建物がなくなってしまったので醸造することはできませんでしたが、戦火を免れた廃業酒造家を借り受けて商品の提供を暫定的に確保し、商品の提供を続けました。
そして昭和29年、生野酒造との合併があり、社名を「初紅葉酒造株式会社」と新しくし再スタートとなります。この年は中国五県、山口県の両新酒品評会で最優秀賞を頂いた喜ぶ年でもあります。この小売部の店舗もでき、自社の商品はもちろん焼酎やビール・ポートワインなども販売。
その後新しく元の場所に現在でも使用している酒蔵を建設されました。多くの困難がありながらも取引先を拡大してき、昭和35年、三栄酒造と合併。今の企業の土台を築いてきました。

酒造を一時停止


昭和60年に醸造を停止。醸造のみを外部に委託してオリジナルブランドの販売は維持していました。
これにより酒類の卸販売がメインの事業に。この酒造停止にはいくつか理由があり、ひとつは、日本酒は昭和48年をピークに販売量も落ち続けていたため、自社ブランドの日本酒販売量も同じく低迷し続けていたこと。次には、当社が歓楽街の中心に位置していたこともあり、卸販売が効率的だったため。
その他には、杜氏の方の高齢化が進んでいたことも原因の一つとしてあげられると思います。

20年ぶりの酒造再開

1回で500リットルほどの少量仕込み


1回で500リットルほどの少量仕込み

醸造できる免許があるのにその状態を続けている現状に疑問を持ったこと、日本酒をその土地での文化として残して行きたかったこと、県内の日本酒の消費量のうちたった約2割しか山口県産の日本酒が消費されていないことを知った時、もしかしたら周南の中での周南のお酒の割合はもっと少ないんじゃないかと思うようになったことが再開の原動力でした。
また、山口県酒造組合が主催する利き酒競技大会で2004年から5年連続優勝、全国でも準優勝とできたことがうまい酒を造れるという自信の後押しとなり、平成17BY(醸造年度)に酒造りを20年ぶりに醸造を再開させました。

こだわりの酒を全国、海外へ


ニューヨークでも販売されています

現在は純米酒をメインに取り扱っていらっしゃる店舗さまとのお取引が増えており、全国でもはつもみぢのお酒を楽しんでいただけるようになっています。日本国内だけでなくニューヨークなど海外での取扱も増えてきており、これからも周南の華・郷土の美酒「はつもみぢ」を色んな方に楽しんでいけるよう事業を展開してまいります。